悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人作家〈イラスト描き/ノベル執筆/ときどきヨーヨー系創作〉の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイレクトマーケティング。

夏期休暇「ふむ、いよいよGWのヤツが動きよるか……」
冬期休暇「くくく、しかしヤツは我が連休四天王の中でも一番の小者……」

言いたかっただけです(きっぱり) じゃ四人目誰よ?というツッコミはスルー致します(←
こんばんは。平成と令和を跨ぐ記念すべき黄金週間を楽しむがいい……! 夜真ゆうじです。


というわけでGW目前ですね。暑くなったり寒くなったり忙しない最近ですね。かーらーのー10連休ですね。つまり10連ガチャですね(?)

……オレ、忍魂50個集めたら、シノマスの10連で神楽さんか奈楽さんの高レア当ててスクショ撮るんだ……(フラグ

それはそれとして、今回の本題に入ります。タイトルの「ダイレクトマーケティング」の件ですが、今回ご紹介するのは、こちら!



ライダーファンなら説明ご無用! ライダーファンでない方に説明すると、現在絶賛放映中の『仮面ライダージオウ』の劇中で登場する〝タイムマシン〟、その名も「タイムマジーン」のDX玩具です!

実を言えば発売された当初ではまったく買う予定はなく、今回もボーイズトイのライダーアーマーシリーズだけ集めるかーくらいの気持ちでいたんですが……
ま、せっかく記念すべき平成最終総決算に出てきた大型トイだし、とりあえずは買ってみるかという気楽さで、オーズライドウォッチが付属しない品を駿河屋で買ってみました。

で、実際に届いてみて開封。おー、こりゃなかなか迫力あるじゃないか、と感心して遊び始めたんですが……
うん、これ、実に工夫しがいのあるトイですね、と納得して、
「自分なりの」遊び方を考えてひねり出す、という方向にシフトしましたw

そこからどう弄り始めたかと言いますと、



とりあえずこんな形に落ち着きました。



フロントビュー。



サイドビュー。



リアビュー。



ナナメアングルから。



ライダーを除くとこんな感じです。ではここから解説に。

まず、一目見てわかるのが、足部分の処理です。本来なら下のようになっているところを……



反対側に捻り、膝を曲げてみるという形にしました。



タイムマジーンのビークルモードを初めて見たとき、「……ん、なんだろ、このなんともいえない中途半端な乗り物感……」
と率直に感じたんですが、実際に玩具を手にとって見ても、やっぱりなんとなく違和感を拭えずにいました。

で、一番違和感を覚えたのが、やはり足の処理なわけです。

「どう考えてもこれ「バイクに乗った体勢の人が四つん這いになってるだけの形」やん……!?」

と思ったライダーファンは自分だけではないと信じたい……。いくらなんでも足の処理が雑なのではないですか……?
もっとこう、トランスフォーム感出してくれても、いいんですよ……? 超絶変形とまではいかなくとも、もうちょい乗り物感を演出するとか、その……。

と、そんなこんなを思いつつ、じゃあどうやったらそれなりの乗り物感を覚えられる形にできるかな……と試行錯誤した結果、という感じです。

では、実際に足を反対に折り曲げた形状をもう一度見返してみましょう。



こんな感じなのですが……よーく眺めてみてください。あることに、気づきませんか……?

上半身は変わらず「バイクにまたがってハンドルを握っている人」の形状に違いありませんが、足の向きを変えたことで、実は劇的な変化が起きているのです。そう、それは―――

「反対側に折り曲げた足の形状が、仮面ライダーの元祖モチーフである〝バッタ〟の足の形に似ている」、ということだったんだよ!(キバヤシ)

ど、どうですかねこの解釈!? 自分でも気づいたときにMMR調査員くらいの衝撃を受けたんですが!?

つまり総括すると、この形状にしたタイムマジーンは、「上半身はバイクに乗りハンドルを握るライダーの形状」
「下半身は仮面ライダーの最初のモチーフであるバッタの形状」を含んだ、ダブルミーニングな巨大ロボになるという寸法です!

そこからさらに、もう一度ジオウを搭乗させると、



いかがです!? いかがですかねこの感じ!? いかにも「仮面ライダーの乗り物感」出てきたんじゃないですかねと思うのですが!?(落ち着け

「っていうかそもそもジオウはマジーンの背中に乗せんやろ」というツッコミが来そうですが、たしかに劇中では腹部にあるハッチに入って操縦するのが正しいので、それはごもっともなのです。しかしですね……





マジーンの背中部分をアップで見てみると、玩具を持っている方はすでにお気づきだと思いますが、
実は明らかに「中型のフルカウルタイプバイクのシート形状」をしているんです。

きちんとハンドル的な部分もありますし、メーター的なディスプレイ部分も見受けられます。狙って作らない限りは、こんなにバイクの座席のような形状にはならないハズなんです。

さすがにハンドル部分は握れるようには作られていないものの、形状としては間違いなく「バイクのハンドル」になっています。

すなわち、これはおそらく「企画段階ではマジーン(ビークルモード)の背中にジオウやゲイツが搭乗して操縦する」という設定だったと目されます。
それがなんらかの理由で変更となり、劇中のように内部ハッチからの操縦、という形に落ち着いたのでは、と。

なので非公式な遊び方ではありますが、上記の写真の場合は、ジオウは内部ハッチではなく「背中の座席部分」に搭乗させると、
より「仮面ライダーが駆るタイムマシン」感が演出できます。

ジオウのバイクとしてライドストライカーもありますが、あちらは純粋なバイクなので、それはそれでベネなのです。
タイムマジーンはあくまで「タイムマシン」なので、普通のバイクとは意味合いも異なりますし、特別感もあるのです。

ゆえに、初見から期待感を大いに抱いていたのですが、ビークルモードがやや心残りな形状をしていたので、今回のオリジナルモードを自作したという塩梅です。はい。



ほら、こうやって見ると……なんとなくそれっぽく見えませんか?

加えて、ジオウの足を乗せるステップ部分も、



こういう感じで乗せるとしっくり来ます(伝わってくれ……!)
もうあたかも「この形ならジオウの足をきちんと乗せられるように作ったんだよ」感溢れるくらいに、ぴったりはまるんです、コレ。

お手持ちの方はぜひ試してみてください。ちなみに公式通りのビークルモードだと、ジオウの足は上手く乗せられません……。

もう一度比較してみると、





うーむ……ビークルモードと呼ぶには、ちょっと無理が……ある、ような……。





こちらのほうが、よりそれっぽくないですかね……? どうでしょうかね……。

あ、あともう一カ所、主張しておきたいところがあるんですが、



手の部分は、こういう向きではなくて、



こう! だってバイクに乗ってハンドルを握ってるんですから、手のひらは下向いてないと! ですよね!? ですよね!?(落ち着け2


……という感じで熱く語ってしまいましたが、ジオウの大型トイ「DXタイムマジーン」について主張したいお話、通じましたでしょうか……?

初見で「鎧武のスイカアームズ以来の衝撃キタコレ!」と喜んだものの、変形に関しては改良の余地ありと判断していたので、購入することを避けていたところがあったのですが、
実際に買っていじってみれば、「あ、こうすりゃいいんじゃないの……!?」という思いがけない閃きがあったので、なんだか嬉しい収穫でした。

あと、ゲイツ君モードverも買ったので、同じような写真を撮りました。















赤色メインでよりヒロイックなゲイツ君モード。こちらもこちらでいいですね。



もちろん背中部分の形状も同じ作りなので、やはりバイクのシート状になっています。



ステップとなる部分も共通です。驚くほどしっかりゲイツ君の足を載せられます。



そして、手の部分の向きは……



こう!w こっちのほうが自然ですよね!? だってバイクに乗ってる人の形状なんでしょうし……。


ここからはビークルモードではなく、ロボットモードでの写真をお送りします。



ガキョンッ、と変形させて……



ライドウォッチを頭に装着したら完成! アン○ンマン!新しい顔よ!



可動範囲も渋いだろうなあと思っていましたが、実際にはこのとおり。
足部分の設置性が高いので、わりとムチャな体勢でも安定させちゃえたりします。



ライダーキックもなんとか再現できます。なんか嬉しいw



1号2号によるダブルライダーキック! 燃えますよねこれは!



そしてタイムマジーンのもうひとつの目玉ギミックと言えば! そう! アンパ○マンの顔……じゃなくてライドウォッチの交換でフェイスチェンジ!



今回はクウガライドウォッチを付けてみました。クウガの魂を宿した状態のタイムマジーン……そう考えればいろいろこみ上げるモノがありますね。
もちろん他のレジェンドライダーであっても然り!



ポージングが良好だと書きましたが、実はこの写真のように、肩の部分が変形過程で生じる可動域でかなり広く動くんです。
なので、わりといろんなパターンのライダーポーズをとれそうな気がします。



それと、ビークルモードに搭乗させるジオウとゲイツは、あらかじめベルトパーツを外しておくことをオススメします。
これにより腹部が座席のタンク部分に接触しなくて済むので、より自然な形でライダーたちをマジーンの背中に乗せることが可能です。



ラストはキメショットで〆! こうして並べてみると、ほんと巨大ロボですよね、タイムマジーン。


……とまあ、長々と語ってしまいましたが、DXタイムマジーンのダイマ 兼 商品レビュー、いかがでしたでしょうか。

非公式な遊び方の提案で恐縮ですが、メカ系はデザインをわりと気にする人間なので、「マジーンのビークルモードをなんとかマシなものにしたい……!」という願いが届けば幸いです。

もちろん、今回提案した形状でもライダーを内部ハッチに入れた状態のままにすることも可能なので、それでも充分です。

せっかくの平成最後のライダー系大型トイですから、「自分なりに楽しく遊び倒したい」という衝動による工夫でした。
タイムマジーンユーザーさんにとって、なにかしらの参考になりましたら幸いです。


というわけで、今回はこのへんで。

今回紹介したタイムマジーンなんですが、装動メカニクスのほうでの展開だと、ウォズ氏の機体まで出るんだとか……。

うーむ、夢が広がるなあ。実はマジーンと連動遊びさせたくてDXウォッチも手を出し始めちゃったからなあ……。

うふふ、ボクのサイフの中身、無事でいられるかな……?(虚ろな目


そいではまたー。╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 04:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

https://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/324-d338ed07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT