悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人作家〈イラスト描き/ノベル執筆/ときどきヨーヨー系創作〉の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

数秘術のお話。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。たかが占い、されど占い。
こんにちは、実はひそかに占いフェチ、夜真ゆうじです。


はい、というわけで、最近またブログのネタ枯渇症候群をわずらい気味なので、なにかないかなーと頭をひねった結果、
じゃあ自分の得意(というわけじゃないけどわりと好きで勉強したりしてる)分野の
お話なんかをしようかなーと思ったり思わなかったり。


以前にもブログでお話ししたりしたかと思うんですが、自分、占いが結構好きだったりします。

一言に占いと言っても、大きく分けるだけで命術、卜術、相術などに分かれ、
命術だけをとっても、「九星気学」から「十二星座」、「画数式姓名判断」に「ゲマトリア式姓名判断」、「誕生日数秘」に「宿曜」と、
実に多種多様な占いの形態があったりします。


それらの占いの内容を全部説明していたらキリがないので、今回はその中から「誕生日数秘」
についてお話ししたいと思います。


まず「数秘」という概念についてですが、これはユダヤ人に古くから伝わるカバラから派生した
占いの形態です。

1から9までの数字にそれぞれ意味を当てはめ、その人がどの数字を持って生まれたかによって、
その人の本質、人格、得意分野、運命などを解き明かしていくという、いわば〝学問〟です。


とりわけ誕生日と名前が持つ性質を占う命術に顕著かもしれませんが、こうした占いは占者によって解釈や見解が
異なる場合が少なくなく、一方で言われていたことが別のところでは違う答えになることも珍しくありません。

なので、一概にこれが間違いのない正解です!と言い切れない部分もあるんですが、
とりあえずここでは自分なりにいろいろと勉強してみてはじき出したメソッドをご紹介したいなと。


まず数秘に関してはいくつかの大前提があります。

ひとつは「基本的に数秘術の数字は1から9までしか存在しない」ということ。

ふたつめは「そのうち例外として、11、22、33……などのゾロ目の場合は、その二桁の数で占うこと」。

みっつめは、「計算の方法によってゾロ目―――〝マスターナンバー〟が出るときと出ないときがある」ということ。

最後のはいろいろややこしいんですが、まずはこの三式を覚えてみてください。


では本題です。

数秘というのは、自分の宿命を示す数、すなわち「誕生日」の数から導き出すのが最もポピュラーです。

自分の生年月日を西暦換算にし、それらの数を全て一桁とみなし、全部を足してください。

そうすると、おそらく二桁の数になったかと思います。もし一桁だった場合は、その時点でそれがあなたの「誕生日数秘」です。

二桁だった場合は、ゾロ目の場合を除いて、一桁になるまでさらに足してください。

そうすれば、1から9までのいずれかの数字になると思います。

ややこしいので例を以下に。

例:1982年10月25日生まれの場合

1+9+8+2+1+0+2+5=28
        ↓
     2+8=10
        ↓
      1+0=1

……という案配に、一桁になるまで足していきます。

もし最後に二桁になったときに11や22のように揃いナンバーになった場合は、そこで足さずにストップしてください。

いかがでしょう。足しきれましたでしょうか。


で、ここからが本題なのですが、それではそうして算出された自分のナンバーが、果たしてどういった意味を持つのか?

その結果も、じつを申すと占者によって細かい見解が違ったりもするのですが、とりあえず共通見解として
間違っていないと思われる数秘の解釈を以下に記しますと、

数秘1=トップに立つ気質。一直線な男性数。負けん気が強い。なんらかの集団で頭領になる運命がある。
周囲を牽引するリーダー的存在。ときにワガママな側面も。

数秘2=感受性の強い受け身の数字。包容力のある女性数。ナイーブで精神的に脆さがある。
誰かに頼ったりサポートしたりするのが好き。周りに流されやすい。

数秘3=天真爛漫で想像力のある性質。奔放な子供数。人生をひたすら楽しく謳歌する。
少し責任感に欠けて飽きっぽい。あと短気。

数秘4=安定を好む頑固者。常識にとらわれやすくルールの枠から出られない。安定感は数秘随一。
真面目で働き者。融通が利かない。

数秘5=自由を愛するコミュニケーター。じっとしているのはニガテでとにかく他人との関係で自分は成り立っている感がある。
流行にも敏感。ひたすら自動的。波乱は多め。

数秘6=美と調和を愛する平和主義者。とても親切で、ともすればお節介焼き。
人を好きになることを好きだったりするフシがある。「愛」が人生のテーマ。

数秘7=深遠な叡智を持つ賢者。現実を常に達観視している頭脳派で、頭の良さからちょっと浮き世離れしている。
人によっては重度の厭世家、厭人家の場合も。

数秘8=パワフルな猪突猛進型。自分がやりたいと思ったことは誰になんと言われようととことん納得するまでやりきる強い人。
そのありあまるパワーと知恵と行動力で周りを振り回したりすることも。

数秘9=すべてを諦観する優しさの人。あきらめが早い人が多かったり。いろいろ自問自答しすぎて無気力になることが多い。
なんとなく多重人格的な、異なる複数の考えを内に秘めていたりすることもある。


……という感じになります。で、ゾロ目の場合はといいますと、


数秘11=確率的に一番よく現れる〝マスターナンバー〟。神秘性を持ち、時として人々の先導者になることもある。
理想を絶えず追い求めるロマン派。言ってることがコロコロ変わる。人生はかなり波乱含みだけど、本人はわりとケロッとしている。
数秘2の性質あり。

数秘22=かなりレアな〝マスターナンバー〟。相当な幸運に恵まれたラッキーな数秘。
ただしかなりの偏屈家で異常者なため、周囲からは理解されず孤立することも。秘めているパワーは凄まじい。人生はやっぱり波乱含み。
数秘4の性質あり。

数秘33=わりとレアな〝マスターナンバー〟。どう捉えても凡人ではない。なにか一芸を極めればトップに立てる可能性も。
でも結局理解されにくい人間性なので、人生は相当に波乱含み。とことん心が広くて優しい菩薩のような人。
数秘6の性質あり。

……という感じです。

44以上は計算上あまり出てこず、あったとしてもだいたいの場合はその特殊性を生かせないケースがほとんどなので、
カウントしないことが多いのです。


とりあえず、以上の計算方法が、数秘業界では一番「わかりやすい公式」となります。
ゆえに、細かく見ていくと「当たっていない」という事例も出てくるわけです。

……ということは……もっとディープなのがあるんやろ? ん? と訊かれますと……はい、「あります」w

まあ、ひとまず今回はここまでということでw やたら長文になってしまってますし自重せよ、とね。


では今回はこのへんで。

自分が占いに本格的にハマりだしたのはここ数年の間なんですが、興味の向くまま調べたり勉強したりしていくうちに、
我ながらかなり深いところまで来てしまっていたようです……w

そうしていくなかで、自分なりの数秘術のメソッドもある程度確立され、「これならほぼ間違ってないんちゃう……!?」
的な錯覚を覚えたりもする、今日この頃でした。

数秘術のお話の続きは、また気が向いたときにでも。需要あるかどうかも怪しいですしね……w


そいではまたー。(「=ω=)「 ~
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

https://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/231-2c5a330a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT