悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人作家〈イラスト描き/ノベル執筆/ときどきヨーヨー系創作〉の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅行から帰って参りました~( 'ヮ' )ノ

心が生き返った、ぜ……(放心) こんにちは、昨日に長き旅から帰還いたしました。夜円ゆうじです。


というわけで、18日から23日まで、正確には19日から21日までの三日間、和歌山は紀伊のほうにある熊野までのバスツアーに参加してまいりました! 地元から長野ですら遠いというのに、さらに西のほうへ数県跨ぐという長旅……実に久しぶりの大旅行でございました。


もともとは、ウチのお婆様が数年前から行きたい行きたいと思いながらも、参加人数の関係でずっと見送りになっていたツアーでして、今回たまたま都合が取れたとのことで、僕は母から誘いを受けて休みを取り、行ってきた、という感じでした。なのでウチからはお婆様&母&僕の3人が参加したのです。


いやー、ウチのお婆様は矍鑠としてるというか、実にバイタリティ溢れるご老人でして。もう今年でちょうど傘寿、つまり八十歳になるというのに、あっちに旅行いきたいこっちに旅行いきたい、と老後を満喫しておられる元気老人なのですw


そんな旅行好き、というか行動派であるお婆様にとっては、数年越しの念願であった今回の旅、僭越ながら孫のワタクシもご同伴に与りまして、個人的にはすごく珍しい、関西までの旅へと足を運んだわけです。


なんというかもう書くネタが多すぎて、ちょっとはしょらないと書ききれない量の話題があるわけですが、その中でも特に印象に残ったことを書き連ねてみまする~。


 ―――――――――――――――――――――――――――――


まず親の実家である長野まで車で向かいまして、お婆様の家のある坂城町まで向かいました。まあこれは勝手知ったる道なので、特に目新しいモノもなく、普通に家まで到着。そこから電車で長野駅まで向かい、近くのビジネスホテルで一夜を明かして、翌日の早朝にツアーが始まりました。


で、まあ案の定と申しますか、この手のツアーで、しかも平日を跨ぐのとなると、参加するのは大体中年さんからご老人がほとんどで、もう見た目で間違いなく僕が一番メンバーのなかで若かったというw 30代どころか40代もいなかったんじゃないか……?; 他の皆さんはだいたい友達連れか老夫婦、という感じでした。


で、バスに揺られながら紀伊半島まで向かいながら、バスガイドさん(♂:中年)の博識な蘊蓄を楽しみつつ、長野→岐阜→愛知→三重→奈良→和歌山と、高速を使っても五、六時間以上かかる道のりを行きました。名古屋と津を通過したので、おーここかー、とヨーヨープレイヤー的には感激したり。


そのまま初日は高野山の奥の院に行って参拝。現地で驚いたのは、まずその墓碑数の多さ。たしか……全部で30万基ものお墓が鎮座する、世界的にも有数の大墓地なのだとか。案内人さんの話では、60×60㎝の土地を買って墓にするので100万円……だったかな? ちょっとうろ覚えなんですが。


それから奥の院の本殿に到着し、祈願をして、本殿の地下にある、即身仏となって今なお人間界の平和を願っていると言われる空海さんのお姿を拝見し、そこでも祈願。「南無大師遍照金剛」(なむだいしへんじょうこんごう)という弘法大師の戒名を唱えて祈願をするのが、ここでの通例なのだそうです。


しかしさすがは日本三大霊山の高野山。空気が違うというか、非常に厳粛で静謐なる、まさに名の通りの「神域」なのだなあ、と感嘆しておりました。本殿の周りには当たり前のようにそびえ立つ、樹齢800年を超える大樹たち。〝ここは普通じゃないな〟と感覚で解りました。


そこからホテルに向かって、その日は早々に就寝。普段はまー泊まれないような豪勢なるホテルに宿泊して、え、俺こんな身分やったっけ……?と自分の立場を疑いながら眠りに落ちました。


二日目は、ホテルを出てバスに乗り、いよいよ世界遺産である熊野本宮大社に。今回の旅行は立て直し中の社が多かったのですが、この熊野本宮も改築中でありました。


で、祈願を終えてから、ふと自分では珍しく、おみくじなどを引いてみたのです。いえ、ホントに気まぐれだったんです。「こうした由緒ある神社で引くのもオツですなー」くらいの気持ちで。


結果:大吉


(;゚Д゚)マジ?


普段からまーくじ運の悪いワタクシなので、こういう機会に大吉が出るなどとは思いもせず。メチャ嬉しかったわけです、これが。


それからホクホクで社を降りてバスに乗り、ちょっとさっきのおみくじを写メに撮って証拠にしておこう、とポケットをまさぐったのです、が…………


(;゚Д゚)ない……


ポケットに確実に入れておいたのですが、たびたびスマホやサイフを出し入れしていたせいか、どっかで落としてしまったようです…………orz×100


そんな激鬱メンヘラ丸モードになりつつ、次の場所へと移動。次は今回のメインである熊野古道から大門坂までを歩いて降りる、というもの。健脚なご老人は数人おれど、そこは若人の面目躍如と言うか、僕は颯爽と大門坂まで下りて、先に周りの風景を楽しんでおりました。こちらは社などは無いので、静かな山奥、という感じでしたね。


それから熊野那智大社に向かい、日本三名瀑に名を連ねる那智の滝を見て、そこで先ほどのリベンジとばかりに、またおみくじを引いたわけです。


結果:大吉


( ゚Д゚)……


(⊃Д⊂)ゴシゴシ


(;゚Д゚)マジ!?


ちょっと自分でもビビってましたw うわ、これはどういうことぞ。信じられへん。まあ、これでさっき無くした分は取り戻せたかなー、と簡単に機嫌の直る現金なゆうじサンでしたw


それから少しスケジュールに余裕ができたとのことで、急遽、ひとつ別の神社にも向かうこととなり、そちらへバスでGO。社の名前は……臨時に回ったところだったので、ちょっと覚えてないんですよね……面目ない。こちらもかなり由緒ある社だったらしいのですが。


で、そこでもまあ懲りずに引いてみたわけです。おみくじ。ホントに気まぐれなんですよ。もうそろそろ末吉とか凶あたりが出るんじゃねえかなーと軽く思ってたわけです。


結果:大吉


( ゚Д゚)


( ゚Д゚)………


( ゚Д゚)………………


(⊃Д⊂)ゴシゴシ


(;゚Д゚)


(;⊃Д⊂)ゴシゴシ


(;゚Д゚)


(;゚Д゚) ま……

     人人人人人人人人人人人_
(;゚Д゚) Σ  マジで!?!?  <
     YYYYYYYYYYY ̄


どうやらこちらの神様方には、それなりに快く受けいていただけているのかなあ、と、嬉しさを通りこして、返ってなにか起こるんじゃねぇか、と若干の不安さえ抱いておりましたw


で、またホテルまで向かってバイキングの夕食を食べ、早々に就寝。普段では個人的にありえない時間サイクルの起床と就寝で、この時点で相当ヘトヘトでしたw いやでもコレが普通なんだよ俺よ。いかに普段の自分が不健康なサイクルで生きてるのかちっとは自覚しなさいよ俺よ。


そして最終日の三日目。朝食を食べてからバスに乗り、この日はちょうど遍宮を迎えている伊勢神宮に行って参りました。ガイドさんの日本神話関係の蘊蓄は非常に興味深かったのですが、今思い出そうとしたら大半を忘れていたという罠……。え、ええとその、最近ちょっと記憶力が。


伊勢神宮はもちろんのこと外宮と内宮を回り、ここがこの日本国の最高神を祀る場所なのか~、とやはり厳かな空気を体感しておりました。まあ外はかなり暑く、観光客も相当な数いたので、賑わってはいましたがねい。


その日の昼食は、伊勢神宮のすぐ隣にある「おかげ横町」で摂りました。いろーんなもの珍しいお店があって、内心はしゃぎまくりでしたw ここではおみやげと、おかげ犬おみくじ、招き猫おみくじなどを購入。二つのおみくじはそれぞれ吉と中吉でしたw そりゃそうやわ。それが普通w


買ったおみやげですが、某グループのみんなに配ろうかな、と企んでおります(他に渡すツテなどないワタシはぼっち)。心当たりのあるみんな、待ってろよ!w


で、そこからまたバスに五、六時間揺られて、長野に到着。駅から坂城まで戻り、着いた頃にはもーフニャフニャでした。というか死んでいたw いやー、旅行慣れしていないと大変ですな、こういう疲れも。


で、翌日はお婆様と買い物したり温泉入ったりモノを食べたりして一日過ごし、翌日の昨日に地元へと帰還いたしました、という塩梅です。


 ―――――――――――――――――――――――――――――


以上、一週間近くに渡る大旅行(個人的見解)の顛末でございました。はふう、疲れた……。なにがって、思い出したり資料見たりしてこの記事を書くのがw写真もけっこう撮ってきたので、いくつか以下に貼りたいと思います~。


いやー、でもホントにいい心の洗濯になりました。久しぶりにお婆様にも会えて、いろいろとお話もできたし、たまの遠出は良いものです。マジでそう思いました。明日からまたいろいろと動いてゆけそうです。さーて、また気張って生(い)くかー!


では今回はこのへんで。今見返したら相当な長文でしたな; ここまで読んでくださった皆様に感謝! またいずれどこかに旅行いきたいぜー!


そいではまたー。ヾ(⌒(_^ω^)_



熊野本宮大社。ぶっといしめ縄です。ぶっといです。


熊野本宮の境内。この写真を見ると、落としたおみくじの件が……ぐぬぬ。


山道の石階段。結構怖いのですよコレが……。


熊野本宮の鳥居。でっかいです。たぶんこのあたりで無くしたような気が。


1日目のホテルからの景観。海は広いな大きいな。


こちらは熊野那智大社。467段の階段はさすがにヒーヒー言ってました……;


那智大社で引いたおみくじ。こちらは第三番ですが、本宮で引いた無くしたやつは第二番でした。奇遇!


青岸渡寺から見下ろす絶景。素晴らしい。


那智の滝の碑銘。日本三名瀑のひとつだそうな。


こちらが那智の滝。クレーンちゃんどいてそこ拝めない!(オイ


おかげ横町にある招きぬこ像。愛嬌あるなぁw


なんと旧屋敷ふうのファミリーマート。洒落てますなー。写真取る人が大勢いましたw


おみくじ証拠写真その二。えっと……どこで、引いたんだったか、名前、が……(←バチ当たり


大門坂の碑銘。今回は世界遺産の物件が多かったのですな。


那智大社にあった巨木。樹齢800年だとか。光が差して綺麗ですにゃ。


帰りに寄った小諸にて。「夏待ち」の舞台だったことをすっかり忘れていたワタクシ。情緒あふれる素敵ポスター。


同じく帰りに寄った大勝軒w やっぱラーメン愛好家としては一度は食べてみないとネ! でも地元にある大勝軒のほうが味は個人的にうわなにをするお前らはなせやめ(ry
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

https://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/14-8e8e1fed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT