悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人作家〈イラスト描き/ノベル執筆/ときどきヨーヨー系創作〉の夜真ゆうじのブログです。

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

DBAF完結。

なんでも一つのことに区切りがつくと気持ちがいいですね。
こんにちは、夜真ゆうじです。


というわけで、いつもどおりなんの話かと申しますと、ここ三年くらいかけて追いかけてきた、とある同人誌のシリーズが完結と相成りましたという話です。



耳にしたことがある方もいるでしょうが、ドラゴンボールのその後を描いたドラゴンボールAFという同人誌があるのですが、ヤングじじいさんの描いたver.のほうが17巻というロングスパンを経て一区切りしました。

以前にも何度かここで書いたかもしれませんが、このシリーズがとても好きでですね。自分にしては珍しく、買ってからすぐに読むくらい愛読していたマンガだったんです。

鳥山先生クリソツの画力もさることながら、白眉なのはそのストーリーテーリング。まさにこれぞ正統派のドラゴンボール続編じゃよ!と太鼓判を押せる完成度で、毎回次が気になるなー早く読みたいなーという気持ちにさせてくれました。


ジャンプ黄金律である「友情・努力・勝利」の三題目もきちんとクリアーされていて、これこのままアニメ化されてもなんら違和感ないんじゃね?的な面白さでした。


ヤングじじいさん的にはまだまだネタはあるそうなんですが、とりあえずこの17巻でいったん終了だそうです。他には「伝説の超サイヤ人編」とか「ゴッド編」とかいろいろ残しているみたいですが……ぜひマンガにしてほしいですわー。


ひとつだけ個人的に思ったのは、今回の最終巻のラスト、最後の邪悪龍である超四神龍を倒すあたりのシーンが、ややアッサリめで終わってしまったのがちょっとだけ気にかかりました。

ヤングじじいさんの実力ならもう少し捻って終わりまで持っていけたのでは……?と思わなくもないのですが、巻数やページ数などの塩梅を見てのこと、なんでしょうかね?

エンディングもハッピーエンドで素晴らしい終わり方なのは間違いないんですが……もうちょっと、もう少しだけ捻りがあればなお素晴らしい感じだったかなというところです。


――以下、自分なりのAFクライマックスからエンディングまでの流れ妄想編――


1.追いつめられた超四神龍。超5悟空は仲間たちのエネルギー補充によりマックスパワーに。

2.これ以上は太刀打ちできないと踏んだ超四神龍は瞬間移動で地球へ。悟空もそれを追う。

3.地球を破壊して見せしめてやろうと目論んだ超四神龍は宇宙空間にて超エネルギーを溜めるが、放つ寸前で悟空が現れる。

4.元気玉の用意を始める悟空。その隙を突いて地球を攻撃しようとする超四神龍だが、そこへ界王神の瞬間移動により助っ人として現れたベジータ、トランクス、悟天、ウーブが参戦。時間稼ぎのバトルへ。

5.界王さまの全宇宙へのアナウンスを使って宇宙中のみんなから元気をもらう悟空。超四神龍はベジータたちを追いつめていくが、あと少しのところで悟空が元気を溜め終える。

6.元気玉発射。食い止めようとする超四神龍だったが、パワーMAXの悟空には歯が立たない。

7.そのまま押し切られ、太陽まで元気玉とともに突っ込み、超四神龍は倒される。

8.平和が戻った地球。悟飯もパンもドラゴンボールで生き返ったが、悟空はこれ以上ドラゴンボールに頼ることなく生きていくことをみんなに提案し、それぞれの手でドラゴンボールを破壊することに決める。

9.もうドラゴンボールは地球から無くなってしまったけど、大丈夫! この星にはスゴイ奴らがいるんだから……!→THE END


……的なのを予想していましたw 個人的にはですね、AFの最後ではドラゴンボールは破壊されてほしかった。

そもそもドラゴンボールの存在自体が災厄の種でもあり、悟空たちはそれに頼りっきりだったわけで、その因果を断ち切ってから終わってほしかったんですね。

悟空たちが自分らのエゴでドラゴンボールを使ってきたことを悔い改めて、それで終わりだったら、自分的にヤングじじいさんのAFはまぎれもない神作品になったと思います。

……まあ、そうしたら今後のシリーズは続かないだろうし、「ドラゴンボールあってこそのドラゴンボールって作品だろ!」と言われればそれまでなんですが……ドラゴンボールの存在にケリを着けない限り、これまでの繰り返しでもありますので。


本当にドラゴンボールという作品がエンディングを迎えるとするなら、「ドラゴンボール」なるアイテムが無くなること以外にないと思うわけです。この意見に関しては賛否両論かもしれませんが、自分はそういう終わり方が理想なのかな、と思いますね。


なんにせよ、DBファンの方にはぜひ読んでいただきたい同人誌「ドラゴンボールAF」。作者のヤングじじいさんお疲れ様でした! 次回のシリーズも(もしあるのなら)楽しみにしています!


ではここで過去イラスト晒し。



前回に続き『NEEDLESS』のイラストです。この頃はニードレスイラストばかり描いていた気が(ry

この前の一枚よりはやや上手くいったかな感ありますかね……どうですかね……。


では今回はこのへんで。

前回も言いましたが、今年もいよいよ残すところ一ヶ月と少し! いや、もう一ヶ月のみと言い切ってしまおう!w

カレンダーの用意はいいですか? 歳末セールへの準備はできましたか? ケーキは? 鏡餅は? お年玉は?

そんないろいろ慌ただしい年末ですが、残り少ない今年を乗り切っていきましょうー。


そいではまたー。(゚ω゚ 三 ゚ω゚)
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一段落。

ずっとシナリオを書いていると、ついついブログ記事とかTwitterのツイートとかでも「CTRL + S」のキー操作で「上書き保存」をしようとしてしまいますw
おはようございます、治しがたいクセ、夜真ゆうじです。


というわけで、シナリオは一段落いたしました。はい、八化こと「八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -」第十話のシナリオです。


今回はなんというか、モチベーションの維持が非常に大きな課題となったシナリオでした。今までこんなことなかったのになあ……的な。

かれこれ四年以上も同じ作品を作ってると感覚が麻痺してくるというか、「これ、ホントに面白いんだろうか……?」という不安を募らせることも多々あるのです。

もちろん、ユーザー様からの温かい声援でモチベーションはいつも爆発的にアップするんですが……なんですかね、どこかになんらかの心配や懸念でもあるんでしょうか。

そもそも、有名作品(おもにマンガ連載)で、何年も何十年も継続して制作されている作品なんてザラですから、そう考えるとその作者さんはどんな超人的思考回路の持ち主なんだろうなあ……と感嘆する以外にないと申しますか。


「継続は力なり」と言いますが、ホント、まさにその通りです。ぶっちゃけ、成功するまで続けたモン勝ちってところです。どんなことも。

要するに、一流になるまで努力を続けた者だけが一流になれる、という理屈ですね。「勝てば負けない」的なニュアンスに近いと言えますw


玉磨かざれば光なし、という言葉もあります。才能ってのは努力なしでは輝かない、ということですね。むしろ一流ほど努力を怠らず、綿密なスケジューリングで自分を鍛え上げていきます。

自分もそれにあやかりたいと願っているので、今のレベル程度でモチベーションがどーのこーのとか言ってらんねぇな、と今一度奮起したいところです。


努力した人間がみな一流になれるわけではないけれど、一流の人間たちはみな誰もが努力している。そんな言葉もまた真理ですね。

であれば、せめて自分を裏切らない努力を、自分のために続けていきたい所存。今回は改めてそう自覚すべきタイミングだったようです。


あとはまあ、「楽しく努力する」、という一番肝心な項目ですかね。努力ってのは楽しむものです。楽しくない努力は持続しません。

楽しく努力できるという一番の才能さえ持っていれば、結果は勝手に付いてくるものだと信じています。


あと一ヶ月強で今年も終わってしまいます。時間は待ってくれないので、かといって焦ることなく、自分の為すべきことのために大事な時間を使っていきたいなあと。そう思ったりする最近でした。


ではここで過去イラスト晒し。



バトル&ギャグ&美少女マンガの金字塔こと『NEEDLESS』から、主人公のアダム・ブレイドとヒロインのイヴ・ノイシュバンシュタインです。

「ブレイドの目が完全にイッチャッテルよね」と学生時代の友人からツッコミをもらった一枚w うむ、確かになにかしらキメちゃってる目ですなコレは。

ニードレス面白かったなあ……って過去形かよwとツッこまれそうですが、まだウルジャンで連載やってるんですかね?

だとするならもう十年以上か……長ぇw 今井先生のは『白砂村』とかもありましたね。そちらは未読なんですが……。

……あ、あとはなんかしょーもないギャグマンガとかあった気が、する……。なんだっけなあタイトル……思い出せないぐぬぬ。


では今回はこのへんでw

11月もそろそろ終わり、いよいよあと一月で今年が終わります。あとは冬支度ですね。

ウチではもう暖房がフル稼動ですw 省エネ? え、ちょっと聞き慣れない単語ですね……?(オイ


そいではまたー。___φ(=ω=」 )

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふと思いだしたワンシーン。

懐メロを聴いていると、ふとあることなんですよね。あー、あの頃こんなもの観てたよなー的な。
おはようございます、記憶力はたいしてありません、夜真ゆうじです。


で、いきなりなんの話かと申しますと、先日にふと思い立って、昔に買ったCDとか整理していたのですよ。

その中に一枚気になった曲を見つけたので聴いてみたら、あ、このイメージは……と思ったものがあるので、そんな話などを。


そのCDというのは、すでにアラサー世代以上しか知らないであろう往年の名ロックグループこと「TM network」の「GetWild」という曲です。この曲名でピンと来た方は残念ながらおっさんですw

で、またそのGetWildという曲がクソカッコよくてですね。それもそのはず、TM networkのメンバー兼作曲家というのはTKこと小室哲哉氏なんですよ。

……といっても、TK氏もいろいろあって今や落ちぶれてしまったというニュースをだいぶ前に耳にしましたが、とりあえず全盛期のTK氏はそりゃもう押しも押されぬ超有名サウンドクリエイターだったわけです。ここでグローブとか華原朋美とか思いだした貴方は残念ながらおっs(ry


で、そのGetWildという曲はタイアップとして、あるアニメのエンディング曲に使用されていたのです。こちらも今の20代以下の方にはピンと来ないかもですが、ジャンプ黄金期の一作として名高い北条司先生の「シティハンター」のアニメエンディング曲でした。

奇しくも最近でシティハンター30周年を記念していろいろと企画が上がっているそうですが……なんとも奇妙なタイミングでしたねw まあそれはともかく、当時小学生であったワタクシはテレビでそのシティハンターのアニメを視聴してたわけです。


で、その中でなぜだかは知らないけど、みょーーーーに記憶に残っているワンシーンがありまして。それは断片的な説明になりますが……


1.主人公の冴羽遼(さえば りょう)が都市部の広場にて一人佇み、敵(その話のラスボス)からの攻撃を待っている。

2.やがて現れる敵。それは自動車に乗っての登場で、凄まじい速度で遼めがけて突っ込んでくる。

3.その車はどうやら特殊コーティングを施された車両で、遼の拳銃ではまともに太刀打ちできない。

4.遼を真っ向から轢き殺そうとする車を見据え、遼は静かに拳銃を構える。

5.引き金を引き、遼は拳銃を発砲。弾丸は車のタイヤを破壊する。

6.タイヤをやられてコントロールを失った車は勢いを殺せず、最終的に吹っ飛んでいく。

7.吹き飛んだ車は遼のすぐ横をかすめるように飛んでいき、先にあった建物に直撃し、見るも無惨な姿に。

8.遼は終始その場から微動だにすることなく決着がつく。全ては計算づくでの結果であった。


……という、あーコレ文章で説明してもわけわかめですよね状態な感じなんですが、とりあえずそんなワンシーンが脳裏によぎるのです。

で、そのシーンが終わると同時に(正確には上記7のときに)、件のGetWildが一番イイタイミングで挿入されるという、そんな非常にシビれる、マジカッチョイイシーンがあるのです。


で、それを思いだしたあとで、つべとかにうpられてないかなーと探してみたんですが、さすがに見当たりませんでした……。そもそもどの話数の、どんなストーリーの末に用意されたシーンなのかも記憶にないので……w

ただ、子供心ながらにそのシーンだけ強烈に印象に残っていたということは、それだけ自分が心打ち震えたシーンだったんだなぁ……と思い出したりしておりました。


「俺TVチャンピオンとかで「シティハンター知識王選手権」とかあったら優勝できるよ!」という方がおられましたら、ぜひ上記の拙い説明だけでどの話数のどんなストーリーの話だったか教えていただけると助かります(←

ちなみに、主人公の遼さんの名前表記、実は「遼」ではなくて「獠」という難しめの表記が正解です。……漢字変換で出てこない文字ってコピペする手間が面倒でですね……(言い訳


あとつべで「シティハンター」を検索すると「ハンターハンター」の動画がごっそりヒットするのは……うーんw まあ、ジャンプ作品としては先輩後輩ではありますがw


ともあれ、そんな懐かしのワンシーンを思い出させてくれる名曲と再会しましたよ、というお話でした。

そんなGetWildはこんな曲だったりします(※動画中の画像は荒いので音楽だけお聴きください)↓



かつてのTK氏、ホントに天才やったんやなあ……と何度聞き返しても思います。

ちなみに歌詞は名前の「小室」繋がりで「家族ですか?」とTK氏との関係をちょくちょく訊かれていた小室みつ子さんです。……今はなにをされてるんでしょうね……?


そしてここですべりこみ過去絵晒しタイムという名の拷問(←



『空の境界』のオリジナルイラストです。前回の月姫イラストと構図が一緒ですが、そういう意図で描かれたイラストのようです。ぎゃわー、描き慣れてねぇ感MAXですねw

手直ししてぇ、むしろ徹底的に描き直してぇ感が最高潮ですが、まぁ……こんな頃もあったのですよね、とだけw


では今回はこのへんで。

作業のほうはようやく少しずつですが、エンジンがかかり始めてきた感あります。とはいえ、シナリオはそろそろ終わるのですが。

いやー、今回は無駄に手こずったという感じです。なんとかいつもどおりの感じに持っていけていればいいのですが……はてさて。


そいではまたー。 三 ヽ( 'ω')ノ

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

停滞モード。

もしくは低空飛行モード。うーむ、ちょっとばかし座礁気味ですかね。
おはようございます、モチベをください、夜真ゆうじです。


というわけで、前回に続きモチベーションの危機が訪れています。ううむ、やらなきゃいけないことがあるってのに、こいつぁマズイですなあ……(=ω=;)

ちなみに最近はブログ更新のネタも切れ気味で、どーにもこーにもな状態でして; ここまでモチベのピンチが訪れたのはかーなり久しぶりですね。何年ぶりじゃろ?


「やる気」というものを脳科学的に分析すると、脳の中核部分付近にある淡蒼球(たんそうきゅう)という部位が非常に重要な意味を秘めていて、これは「のうだま」とも呼ばれると言います。

淡蒼球は実際にホントに蒼いらしく、大脳辺縁系の回路で大切なポジションにある、言わば「やる気スイッチ」なのです。

人間がシャカリキにやる気を出してなにかに打ち込んでいるときは、この淡蒼球がフル回転しているそうです。で、やる気がないときはまったく動いていないのだとか。


じゃあ意図的に淡蒼球を活性化させればいいんじゃん?という結論にいきたいところですが、人間はやる気を出せと言われて出せるような生き物ではないんですね。

しかし、特定のアクションをすることで、実は淡蒼球を意識的にスイッチすることができるのだと聞きました。

いくつかあるらしいんですが、ひとつは「適度な運動」。体を動かすことで脳が刺激される、というのは通説ですが、やはり実際に正解なんだそうです。

次に、「普段と違うことを試みてみる」。つまり生活の中に些細なものでいいので変化を付けてみる、ということですね。人間の脳はマンネリを非常に嫌うので、新しいことをちょっと試してみるだけでも、脳にはいい栄養になるんだとか。

あとは、「ポジティブな環境を作る」、というものですね。例えば普段から愚痴は謹んで、建設的な言葉を自分に言い聞かせたり、いろいろなことへと興味を持ったり……などなど。

ほかには「人のいいところを褒める」というのも良いんだそうです。人の脳は「他者への貢献」に強い快楽を覚えるので、他人を褒め称えるというのは、実はとても脳にいい影響を与えるということのようですよ。


まとめると、運動、変化、ポジティブといったものをマンネリ気味な生活に取り入れる、ということでしょうか。なるほど、たしかにいずれも価値はあるな、と思いました。


まあ、決して怠惰な生活を送っているわけでもないのですが、やっぱりマンネリはいけないよね、と自分を戒めたいところです……(´ω`)


では今回の過去イラスト貼り。



オリジナルの月姫イラストですね。今回のは模写ではなく、自分なりにメインヒロインたちを描いてみたようです。

これ、空の境界のバージョンとFateのバージョンのもあるんですが、そちらはまたのちほど。……というかFateのはちょっと直しづらいので見送りになるかも……;


では今回はこのへんで。

今年もあと残すところ一ヶ月半を切りましたね。早い、早すぎる……(戦慄

あと一ヶ月半程度でなにができるかは解りませんが、とりあえず済ますべきことは済まして、ゆっくり年越しの準備でもできたらなあと思います。


……あー、そういえば来月は誕生日もあるんでした。いろいろあって忘れておったよ……w


そいではまたー。(=ω= 三 =ω=)

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 04:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感動をください(迫真)

なんですかね……最近のこの胸に去来する虚しさは。そう、つまり、感動が足りない……!
こんにちは、心を揺り動かされたい、夜真ゆうじです。


というわけで、またよくわからない切り出しから始まったこのブログですが、とにかく「感動」をしてないんですよねー最近。

創作者としてはこれは由々しき事態なんで、どうにかしたいところなんですが……感動ってしようと思ってできるもんじゃなく、ふとした拍子で触れたなにかに心を動かされるのが「感動」ってものだと思うわけです。

心が枯れてしまったら感動して潤してやればいい、と常々考えている自分なんですが、どうにもここ一年くらい感動ってやつと無縁の生活を送ってしまっており、こいつぁマズイぜ……とか思っている次第。


こんなんじゃまともに創作活動にも打ち込めないぜー的な状態なので、なにか感動できるものやことに触れたいですね。

かといって、映画や創作物に触れて触発されるのもなにか違う……なんかこう、ぐるっと価値観が一転するくらい物凄い衝撃的なスゴイことに出会ってみたいなあと思うんですが……そんなのどこに転がっているやら、という感じですよね。


まあでも、創作業に携わっている以上は、やはり創作物からインスピレーションを受けるのが一番だとも思ってはいます。それがどんな作品であるかは、触れてみないことには解らないわけですが。

アマゾンとかぼんやり眺めてみて、これよさそうだなーと思うアニメとか映画のDVDとか買ってみてもいいんですかねえ。でもなあ、どんな作品を買えばいいのやら……最近の傑作良作は全然リサーチしていないので;


あとは音楽ですかね。人間の五感で最も精神に対する影響力が強いのは聴覚なので、リラクゼーションミュージック的なのもいいのかもしれません。

まあ、音楽は好き嫌いが分かれるので、一概にこれがいいということは言えませんが、穏やかなクラシックとかは心身にいい影響を与えると聞きます。研究によるとモーツァルトやバッハなどはかなりα波が出るんだとか。


弦楽もいいですが、自分的にはピアノ曲が好きだったりします。ゆったりとした静かな曲がいいですね。なにかオススメがありましたらご一報くださいませ。


では恒例の過去イラスト晒しなど。



前回のこつえーさん繋がりで、PCゲーム『魔女っ娘ア・ラ・モード』のイラスト模写です。

こちらのゲーム、実は未プレイなんですが、画集を眺めていてカワイイ絵だなあと思ったので模写りました。1フレーム内に6人分とかよく描いたよなあこの頃は……というかこつえー先生がスゴイという話w


そのこつえー先生は最近どうやら艦これにお熱だそうで、コミケでも艦これ系グッズを販売してるみたいですね。艦これかあ……やってみようか、どうしようか。


では今回はこのへんで。

先日に近所のスーパー(ややグレード高め)にて、惣菜コーナーでつゆだくの肉じゃがを買って食したんですが……これが、マジで泣けるくらい美味かったですw

肉も相当量入っており、具もかなり厚切りでつゆも出しが利いていて、もちろん値段も高め設定なんですが、これは久しぶりに「本物の」肉じゃがを食したな!と感動しました。

……あ、なんだ、「感動」してんじゃん自分。


おあとがよろしいようでw


そいではまたー。ヽ(⌒(ノ ´ω`)ノ

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告。

二十四節句の「立冬」が昨日に訪れました。旧暦ではもう冬ですか……さみぃ。
こんにちは、暑いのよりは寒いほうが好き、夜真ゆうじです。


というわけで、今回も近況などざっくりと書いてみたいわけですが、先月からこじらせていた風邪がなにやらまだ抜けないらしく、ノドだけ痛いという罠。……これ加湿器とか買えってことですか? ですか?

話したり普通にしてるときはまあなんともないんですが、モノを呑み込むときだけちょっと痛むというか。うーむ、風邪じゃないのかな? もうイチイチ病院行くのもかったりぃので、とりあえず養生しとります。


さて、巷はそろそろ年末進行の下準備……もありますが、その前にあるじゃないですか、我らがオタクにとって大事な一大決戦の件が……!

とはいえ、今回の冬コミは前にも申しましたとおり、スタジオギアは不参加の運びとなります。またいろいろと出直してからのスタートを切りたいなあと思いますので、それまでお待ちいただければと。


コミティアはどうなるか未定ですが、来年の春ティアあたりは……出られれば出たいかな?とか思ったり思わなかったり。そもそもパッケージ版を有料配布することにもやや抵抗を感じ始めているので、ゲーム自体はもう全部無料公開でいきたい所存です。


「八化」シリーズもいよいよ来年いっぱいで終わる見込みですし、それが終わったらどうしよっかなー、とか今からいろいろ考えております。なんですかね、今まで全く挑戦しなかったこととかにも興味を持っていきたいですね。

で、その冬コミ合わせでそろそろ八化の第十話を作らないとなーと思ってるところです。……が、シナリオはやや難航中; なんか今までにはこんなことなかったのになーという感じの行き詰まりを感じています。


とりあえず、なんとかいつもどおりにヌルヌルやっていければと。八化第十話、ご期待いただければ幸いです。


そして今回の過去イラスト晒し。



この頃にハマっていた『蒼い海のトリスティア』の模写……のようなモノw こつえーさんの絵がこの当時大好物だったゆうじ少年は、来る日も来る日もこつえーさんのイラストを模写模写していたのである。


たぶんトリスティアのイラスト集の絵はおおかた模写りました。……しかし線が雑やなー; もうちょっと丁寧に描こうよワシよ。


では今回はこのへんで。

先日に大量にある神羅万象チョコのカードを、上野文具で買ったカードファイルに入れて整理してみたんですが……要るモノだけを残したにもかかわらず、全部で700枚以上もの量になりましたw

三つ買ってきたカードファイルもきれーに満タンとなり、むしろもうファイルとして閉じられない分量に……w 自分でも買いすぎたなと苦笑しております。

要らないカードもざっと見て700枚近くあるっぽいんですが……どなたか欲しい方いますかね?w わりあいレアなのもありますよ。調和神バランシールとか。


そいではまたー。( =ω=) -3

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のヨーヨー話。

いや、なんだかホント久しぶりですね。最近ヨーヨーやっていなかったと思えば実はやっていました的な。
こんばんは、なにを隠そうヨーヨー人、夜真ゆうじです。


というわけで、結構久しぶりになるヨーヨー関係のお話なんかをしてみたいと思う今日この頃。

まあ、申し上げているように、今年の夏にあった世界大会が終わってからというもの、ややヨーヨー熱は冷めがちだったわけですが、それでもちょくちょく間を見つけては振っておりました。

そんななかで新機種もいくつか買ったので、そちらの話なんかを。


えーと、さっそく本題からいきますが……C3yoyodesignが満を持して世界大会会場にてリリースした、待望の2A機種こと「イニシエーター」!

世界大会会場で買い逃してからというもの、ずっと正規販売を待ち焦がれていたんですが……! これがですねえ、実にクセモノでした……w

リワインドさんで入荷したと同時に注文して、手元に届いて、さあ振るぞー!と息巻いて振ってはみたものの、なにか違う……コレジャナイ感がハンパない……。

もちろんスペーサーはPOMスペーサーに換えましたし、オイルも注入済み。だというのに、まったくもってクイックとはほど遠いスカリがちなルーピング……。

これはどうしたことだ、こんなはずがない、とありったけのセッティング方法を駆使して、手持ちのスペーサーを総動員し、いろいろな幅を試してみました。

が、しかし、やはり一向によくならない。というのも、スペーサーを換えても、肝心のギャップ幅が変わらないんです。

これじゃ意味がない。すわ締め込み前提機種か?とか思い、限界まで締め込んでみたら……軸がボキリと逝ってしまいました……orz

うわなんぞこれー!? ちょっとC3さん話が違いますぞー? という感じで、やっぱC3さんが強いのはストリングトリック機種だけか……ルーピング機種は専門外だったってことかしらのう……とガックリしつつ、これはお蔵入りですなーとなりました。


―――が! あとになって、つべでフォローしているC3さんのチャンネルに、ある動画がアップされているのを発見しました。

それこそが、イニシエーターのプロ用セッティング教則ビデオだったのです……!

それによると、どうやらイニシエーターには今までのルーピング機種にはなかったギャップ調整システムがあるそうで、それは締め込みならぬ「押し込み」だと言うではありませんか。

押し込み? 両サイドからボディ押し込んだらヨーヨー壊れてまうやん? と訝しみながらも、実際に動画の通り試してみたら「ああ、なるほど!」とようやく納得がいきました。内容は以下の通りです。


1.ベアリングとスペーサーを全部外した状態で、ボディをきちんと締める(ヨーヨーを組み立てる)。

2.完全に締めたヨーヨーを、両サイドから「パキッ!」と音がするまで、両手で強く「押し込む」。
※この「パキッ!」という音は壊れた音ではありませんのでご安心を。

3.ボディを開けて、スペーサーとベアリングを入れる。この際に、片方のスペーサーだけ「裏返しで」入れる。

4.そのままゆっくりボディを締めていく。この際に最後まで締め込んだ位置で、「ギャップが固定されるので」、慎重に、どの程度締めていけばいいかを考えつつ締めていく。

5.いい塩梅のギャップ幅になったな、と思ったら、再びヨーヨーを開け、今度は裏返していたスペーサーを元の向きに戻して、再度ボディを締める。

6.ストリングを着け、ルーピングをしてみていい戻りになっていたら成功。もしダメな場合は手順1からまたやり直す。


……と、なにやら意外と面倒なことになっておりますw でもこれがどうやら正規のセッティングだとのこと。

この手順で厄介なのは「4」のあたりですね。どの程度まで締めれば最適なギャップ幅になるのか、何度もやり直さないとピンと来ない仕様になっています。

唯一の幸いは、ギャップのリセット行為が何度でもやり直せることですね。リセット=「押し込み」なわけですが、これ、慣れてこないと「壊れたんじゃねぇだろうな……?」みたいなビクビク感を何度も味わいますw


ともあれ、これでどうにかプロ用セッティングを覚えて、最適なギャップ幅も見つけ、なんとかナイスぺレイダーに近いポテンシャルを秘めた2Aヨーヨーができあがりました。

いやあ……でもこれ、もっと早く言ってほしかった……; 一個くらいはダメにする覚悟で買わないといけない、C3のイニシエーター。セッティングのハードルが高くてなかなか万人にはオススメできませんが、とりあえず「面白い」ヨーヨーだなとは思いました。


果たして、これがヨーヨー業界の2Aジャンルにおけるイニシエーター(起爆剤)となりうるか。調査班は今後も独自に調査を進めるつもりである……かどうかは解りませんw

上記で説明したメンテはつべで動画にてご覧になれますので、詳しくはこちらを↓



動画で華麗な2AをやっているのはChan Chun Hay選手です。香港ではおそらく最強の2Aプレイヤー。中国のリウ・マンキ選手とタメを張れるツーハンドルーピングのトッププレイヤーです。

ワシももっと掛け系を練習せねばのう……基本挙動で止まっておるわ、ほっほっほ……とか言ってる場合じゃなくw ええ、ちゃんと2Aもやっていきますよ。一応メインジャンルなので。


ではここでいつもの過去イラスト晒し企画イっちゃうよ!



えーと、引き続き過去に書いた小説のイメージイラストです。この頃はこれしか描いてなかったんか自分はw

小説のほうは見返すこともできないレベルの惨憺たる有り様ですが、イラストは少し直せば「……まあ、こんなもん、か……?」的な感じでしょうか。

とにかく斜線が多いというか、それでゴマかしてる感が強いですがw


では今回はこのへんで。

なんか久しぶりにヨーヨーネタで記事書くと長ったらしくなる罠w もちろんネタがないときは書けないので、まあそんなもんよね、と。

うちのブログを見て「俺もヨーヨー始めたよ!」という方がいたら嬉しいなあ、とか思いつつ、まぁそんな人おらんよね、とセルフツッコミをかます日々ですw


そいではまたー。( ゚ω゚)ノ―――――◎)))

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Get Ride!

なんてカゲキにカッコイイんだー!的な。いや、記事タイトルとこれだけで解る方がいるはずがない。いたらスゴイ。
おはようございます、一日遅れの更新、夜真ゆうじです。


というわけで、毎度のごとくなんの話?という切り出しで始まったわけですが、まあアレです。前回で申したように、大々的な私物整理が一段落して、懐かしのアイテムがガサガサ発掘されてきたわけですが、その話です。


自分はまあ割合コアな玩具オタだという自負があるんですが、良く言えば子供心を忘れないというか、悪く言えば大人になりきれてないというか、いまだに男児向けTOYが好きなアラサーだったりします。

今でこそその熱も多少は小康状態になってきたものの、少し前までは仮面ライダー系やら戦隊ロボ系やらガンプラやら男児向け可動フィギュアやら、そりゃもういろいろと買い込んでいました。ホント子供だな自分w


で、そんな過去のアイテムたちのなかで、一際高いレアリティを誇る可動フィギュアシリーズが存在するのである……! それこそが、言わずと知れない「アムドライバーバイザーシリーズ」である!


アニメやってたのがちょうど十年くらい前ですかね? アニメ自体はほとんど観てなかったんですが、ゲームメーカーでおなじみのコナミが玩具業界に殴り込みをかけた記念すべき第一作目の男児向けTOYシリーズです。


簡単に言えば、素体となるアムジャケットと、ビークルモードおよびブリガンディモードの二つの形状に変形するバイザーを自由に組み合わせて劇中の戦闘シーンを再現せよ!的な玩具です。

いやあもうなんていうか、こういうのにホント弱いんですよ自分w 合体系とか、装着系とか、変形系とか、もうそのテのに簡単に反応してしまう大人になれないキッズハート。

そんな感じのあっしなので、アムドライバー系玩具も全部ではないものの、結構な数を揃えたりしていました。


とはいえ、すでにとっくの昔に売ってしまったモノばかりで、残っていたのは「これだけは手放したくねェ! 手放しちゃいけねェ!」的なレアなモノだけ残っていました。

たったの二体だけだったんですが、「ネオボードバイザー・ソードダンサー」と「ネオクロスバイザー・トイザらス限定セット」の二つです。

いずれも、ご存じの方なら「マジか!?」と言っていただけるくらい、結構にプレミアな逸品です。ちょっとAmazonと駿河屋で検索をかけてみたんですが、案の定スゲー値段でしたw

まあそれでも異様な高プレミアがついているZEAMジャケットほどではありませんでしたが、ソードダンサーもネオクロスバイザーもアニメ最後期に出たものだったので、販売期間も短かったし、ほとんど市場に出回っていなかったと目されます。

ゆえのプレミアなわけですが……ZEAMとか値段設定おかしいよ……いい国産フルメタルが一個買えちゃうよ……下手したらバイメタルまで買えちゃうよ……とか考えてしまうヨーヨー脳w


そしてそんなレアアイテムを発掘してホクホクしていたところに、まんだらけにネオボードバイザー・ガンシンガーが12000円でショーケースで売られているとかマジどんなタイミングなのか。これは買えという神の思し召しですか? あるいは運命のイタズラですか?


いやいやいや、12000円はありえないでしょう、さすがに……。欲しいけど買えないわー。一万以下だったら、考えた、かな……?というレベル。でもアムドライバー系はマジでレア品なのであの価格は致し方ないのです。

あー、もういいから早く売れてしまってくれガンシンガー。俺の心に潜む魔物(物欲)が、暴れだす前、に……!(厨二的思考


そしてここでいつもどおり過去絵を晒します。



前回と同じ作品のイメージイラストその2です。なんか作品のタイトル的なものも書いてありますが、まあ、それはいいとしてw

なんか表紙的な感じを思い描いていたんですかね。ドラゴンボールとかに出てきそうな構図だったかなと。というか色を付けないと差別化が図れないイラストもいかがなもんかと思いますよ昔の自分w


では今回はこのへんで。

いよいよ今年も二ヶ月を切ってしまったとか信じられないし信じたくないです(現実逃避) いやー、なんという光陰矢のごとし。

今年のうちにやり残したことはこなしておいて、ゆっくり年を越せるようにしたいもんです。ええ、二ヶ月なんてあっという間ですよ……。


そいではまたー。ヽ(⌒(っ'ω')っ

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 04:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |