悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人作家〈イラスト描き/ノベル執筆/ときどきヨーヨー系創作〉の夜真ゆうじのブログです。

≫ EDIT

◇ このブログについて ◇

ご訪問いただきありがとうございます! こちらは同人作家・夜真ゆうじのブログです。

同人創作のお話や近況報告、作品の宣伝・告知と雑記などがメインです。たまに趣味のヨーヨー関係の話も。

Twitterやpixiv、SNS「小説家になろう」などもやっておりますので、ぜひお気軽にフォローしてくださいませ!

Twitter【https://twitter.com/yamayuuji
pixiv【http://pixiv.me/yamayuuji
小説家になろう【http://mypage.syosetu.com/194877/
ストリエ【https://storie.jp/creator/7675

イラストやシナリオのお仕事も随時募集中ですので、お気軽にご相談ください。
メールは【yamayuuji16□gmail.com】(シカクを半角アットマークに変えてください)までどうぞ!

個人サークル「スタジオギア」ではオリジナルの同人ビジュアルノベルをメインに制作しております。
現在は八化こと『八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -』のシリーズを"全話無料"にて公開中です!

詳しくはスタジオギアオフィシャルサイトへどうぞ!

『戦姫スピナークラウ』 劇場版 - Fateful Three Sisters - メインイラスト(嘘)


『戦姫スピナークラウ』 第24話 エンドカード(仮)



いつも拍手・コメント等ありがとうございます! とても励みになっています!

※当ブログ内のイラストの無断転用、自作発言、改造などの行為を禁じます。

なお、イラストリクエストの類いは受け付けておりませんので、何卒ご了承ください。
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| はじめに | 23:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

業務連絡。

こんばんは、夜真ゆうじです。

今回は手短な連絡のみで恐縮なのですが、しばらく私事で忙しくなりそうなので、申し訳ないのですが少しの間ブログのお礼閲覧が滞る可能性があります。

またのちほど復活しますので、いつもご覧頂いている皆様にはご迷惑をおかけしますが、しばらくの間はどうかご了承くださいm( _ _ )m

次の更新は……できればいつもどおり月末にでもできたらなと思います。あくまで予定です。

このブログが一ヶ月放置で広告が表示されない未来を信じて……!


そいではまた。(っ´ω`)っ

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 03:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイレクトマーケティング。

夏期休暇「ふむ、いよいよGWのヤツが動きよるか……」
冬期休暇「くくく、しかしヤツは我が連休四天王の中でも一番の小者……」

言いたかっただけです(きっぱり) じゃ四人目誰よ?というツッコミはスルー致します(←
こんばんは。平成と令和を跨ぐ記念すべき黄金週間を楽しむがいい……! 夜真ゆうじです。


というわけでGW目前ですね。暑くなったり寒くなったり忙しない最近ですね。かーらーのー10連休ですね。つまり10連ガチャですね(?)

……オレ、忍魂50個集めたら、シノマスの10連で神楽さんか奈楽さんの高レア当ててスクショ撮るんだ……(フラグ

それはそれとして、今回の本題に入ります。タイトルの「ダイレクトマーケティング」の件ですが、今回ご紹介するのは、こちら!



ライダーファンなら説明ご無用! ライダーファンでない方に説明すると、現在絶賛放映中の『仮面ライダージオウ』の劇中で登場する〝タイムマシン〟、その名も「タイムマジーン」のDX玩具です!

実を言えば発売された当初ではまったく買う予定はなく、今回もボーイズトイのライダーアーマーシリーズだけ集めるかーくらいの気持ちでいたんですが……
ま、せっかく記念すべき平成最終総決算に出てきた大型トイだし、とりあえずは買ってみるかという気楽さで、オーズライドウォッチが付属しない品を駿河屋で買ってみました。

で、実際に届いてみて開封。おー、こりゃなかなか迫力あるじゃないか、と感心して遊び始めたんですが……
うん、これ、実に工夫しがいのあるトイですね、と納得して、
「自分なりの」遊び方を考えてひねり出す、という方向にシフトしましたw

そこからどう弄り始めたかと言いますと、



とりあえずこんな形に落ち着きました。



フロントビュー。



サイドビュー。



リアビュー。



ナナメアングルから。



ライダーを除くとこんな感じです。ではここから解説に。

まず、一目見てわかるのが、足部分の処理です。本来なら下のようになっているところを……



反対側に捻り、膝を曲げてみるという形にしました。



タイムマジーンのビークルモードを初めて見たとき、「……ん、なんだろ、このなんともいえない中途半端な乗り物感……」
と率直に感じたんですが、実際に玩具を手にとって見ても、やっぱりなんとなく違和感を拭えずにいました。

で、一番違和感を覚えたのが、やはり足の処理なわけです。

「どう考えてもこれ「バイクに乗った体勢の人が四つん這いになってるだけの形」やん……!?」

と思ったライダーファンは自分だけではないと信じたい……。いくらなんでも足の処理が雑なのではないですか……?
もっとこう、トランスフォーム感出してくれても、いいんですよ……? 超絶変形とまではいかなくとも、もうちょい乗り物感を演出するとか、その……。

と、そんなこんなを思いつつ、じゃあどうやったらそれなりの乗り物感を覚えられる形にできるかな……と試行錯誤した結果、という感じです。

では、実際に足を反対に折り曲げた形状をもう一度見返してみましょう。



こんな感じなのですが……よーく眺めてみてください。あることに、気づきませんか……?

上半身は変わらず「バイクにまたがってハンドルを握っている人」の形状に違いありませんが、足の向きを変えたことで、実は劇的な変化が起きているのです。そう、それは―――

「反対側に折り曲げた足の形状が、仮面ライダーの元祖モチーフである〝バッタ〟の足の形に似ている」、ということだったんだよ!(キバヤシ)

ど、どうですかねこの解釈!? 自分でも気づいたときにMMR調査員くらいの衝撃を受けたんですが!?

つまり総括すると、この形状にしたタイムマジーンは、「上半身はバイクに乗りハンドルを握るライダーの形状」
「下半身は仮面ライダーの最初のモチーフであるバッタの形状」を含んだ、ダブルミーニングな巨大ロボになるという寸法です!

そこからさらに、もう一度ジオウを搭乗させると、



いかがです!? いかがですかねこの感じ!? いかにも「仮面ライダーの乗り物感」出てきたんじゃないですかねと思うのですが!?(落ち着け

「っていうかそもそもジオウはマジーンの背中に乗せんやろ」というツッコミが来そうですが、たしかに劇中では腹部にあるハッチに入って操縦するのが正しいので、それはごもっともなのです。しかしですね……





マジーンの背中部分をアップで見てみると、玩具を持っている方はすでにお気づきだと思いますが、
実は明らかに「中型のフルカウルタイプバイクのシート形状」をしているんです。

きちんとハンドル的な部分もありますし、メーター的なディスプレイ部分も見受けられます。狙って作らない限りは、こんなにバイクの座席のような形状にはならないハズなんです。

さすがにハンドル部分は握れるようには作られていないものの、形状としては間違いなく「バイクのハンドル」になっています。

すなわち、これはおそらく「企画段階ではマジーン(ビークルモード)の背中にジオウやゲイツが搭乗して操縦する」という設定だったと目されます。
それがなんらかの理由で変更となり、劇中のように内部ハッチからの操縦、という形に落ち着いたのでは、と。

なので非公式な遊び方ではありますが、上記の写真の場合は、ジオウは内部ハッチではなく「背中の座席部分」に搭乗させると、
より「仮面ライダーが駆るタイムマシン」感が演出できます。

ジオウのバイクとしてライドストライカーもありますが、あちらは純粋なバイクなので、それはそれでベネなのです。
タイムマジーンはあくまで「タイムマシン」なので、普通のバイクとは意味合いも異なりますし、特別感もあるのです。

ゆえに、初見から期待感を大いに抱いていたのですが、ビークルモードがやや心残りな形状をしていたので、今回のオリジナルモードを自作したという塩梅です。はい。



ほら、こうやって見ると……なんとなくそれっぽく見えませんか?

加えて、ジオウの足を乗せるステップ部分も、



こういう感じで乗せるとしっくり来ます(伝わってくれ……!)
もうあたかも「この形ならジオウの足をきちんと乗せられるように作ったんだよ」感溢れるくらいに、ぴったりはまるんです、コレ。

お手持ちの方はぜひ試してみてください。ちなみに公式通りのビークルモードだと、ジオウの足は上手く乗せられません……。

もう一度比較してみると、





うーむ……ビークルモードと呼ぶには、ちょっと無理が……ある、ような……。





こちらのほうが、よりそれっぽくないですかね……? どうでしょうかね……。

あ、あともう一カ所、主張しておきたいところがあるんですが、



手の部分は、こういう向きではなくて、



こう! だってバイクに乗ってハンドルを握ってるんですから、手のひらは下向いてないと! ですよね!? ですよね!?(落ち着け2


……という感じで熱く語ってしまいましたが、ジオウの大型トイ「DXタイムマジーン」について主張したいお話、通じましたでしょうか……?

初見で「鎧武のスイカアームズ以来の衝撃キタコレ!」と喜んだものの、変形に関しては改良の余地ありと判断していたので、購入することを避けていたところがあったのですが、
実際に買っていじってみれば、「あ、こうすりゃいいんじゃないの……!?」という思いがけない閃きがあったので、なんだか嬉しい収穫でした。

あと、ゲイツ君モードverも買ったので、同じような写真を撮りました。















赤色メインでよりヒロイックなゲイツ君モード。こちらもこちらでいいですね。



もちろん背中部分の形状も同じ作りなので、やはりバイクのシート状になっています。



ステップとなる部分も共通です。驚くほどしっかりゲイツ君の足を載せられます。



そして、手の部分の向きは……



こう!w こっちのほうが自然ですよね!? だってバイクに乗ってる人の形状なんでしょうし……。


ここからはビークルモードではなく、ロボットモードでの写真をお送りします。



ガキョンッ、と変形させて……



ライドウォッチを頭に装着したら完成! アン○ンマン!新しい顔よ!



可動範囲も渋いだろうなあと思っていましたが、実際にはこのとおり。
足部分の設置性が高いので、わりとムチャな体勢でも安定させちゃえたりします。



ライダーキックもなんとか再現できます。なんか嬉しいw



1号2号によるダブルライダーキック! 燃えますよねこれは!



そしてタイムマジーンのもうひとつの目玉ギミックと言えば! そう! アンパ○マンの顔……じゃなくてライドウォッチの交換でフェイスチェンジ!



今回はクウガライドウォッチを付けてみました。クウガの魂を宿した状態のタイムマジーン……そう考えればいろいろこみ上げるモノがありますね。
もちろん他のレジェンドライダーであっても然り!



ポージングが良好だと書きましたが、実はこの写真のように、肩の部分が変形過程で生じる可動域でかなり広く動くんです。
なので、わりといろんなパターンのライダーポーズをとれそうな気がします。



それと、ビークルモードに搭乗させるジオウとゲイツは、あらかじめベルトパーツを外しておくことをオススメします。
これにより腹部が座席のタンク部分に接触しなくて済むので、より自然な形でライダーたちをマジーンの背中に乗せることが可能です。



ラストはキメショットで〆! こうして並べてみると、ほんと巨大ロボですよね、タイムマジーン。


……とまあ、長々と語ってしまいましたが、DXタイムマジーンのダイマ 兼 商品レビュー、いかがでしたでしょうか。

非公式な遊び方の提案で恐縮ですが、メカ系はデザインをわりと気にする人間なので、「マジーンのビークルモードをなんとかマシなものにしたい……!」という願いが届けば幸いです。

もちろん、今回提案した形状でもライダーを内部ハッチに入れた状態のままにすることも可能なので、それでも充分です。

せっかくの平成最後のライダー系大型トイですから、「自分なりに楽しく遊び倒したい」という衝動による工夫でした。
タイムマジーンユーザーさんにとって、なにかしらの参考になりましたら幸いです。


というわけで、今回はこのへんで。

今回紹介したタイムマジーンなんですが、装動メカニクスのほうでの展開だと、ウォズ氏の機体まで出るんだとか……。

うーむ、夢が広がるなあ。実はマジーンと連動遊びさせたくてDXウォッチも手を出し始めちゃったからなあ……。

うふふ、ボクのサイフの中身、無事でいられるかな……?(虚ろな目


そいではまたー。╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 04:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度。

Welcome to ようこそ新年度! よせ、けもフレ2の話はよすんだ……やめろぉ……(慟哭
こんばんは。年度末内に更新をするはずがここまで先送りになってしまいました、夜真ゆうじです(お詫び


さて、とうとう2019年度ですね。新元号も発表されて賑わっている最近、いかがお過ごしでしょうか。

最近の自分なんですが……ちょっと先月の終盤から体調が優れなくて、やることにもいろいろ追われていたもので、
昨年度内での更新ができませんでしたorz

エイプリルフールも実はネタを用意していて、時間を縫って制作して、このブログにて公開する予定だったんですが、
結局なにもできないままの一日でした……というか、ほとんど寝込んでたので……ううぅ。

なので楽しむ側としてもなんら余裕のない、今年のエイプリルフールでした。あぁ、せっかくの一年一回のお祭りを楽しみきれなかった……。

今回用意したネタはイラスト一枚だけなんですが、このままお蔵入りにするのももったいないので、こちらでも公開してみます。



なんか久方ぶりのヨーヨーイラストですね……w ウチの看板娘的存在、とでもいうんでしょうか。
ヨーヨー擬人化ネタで、KROWN三姉妹です。

ご存じない方に説明しますと、真ん中が長女の無印さん、左上が次女のstさん、右下が三女の7075さんです。
無印さんは昔とカラーリングが違いますが、次女と三女に合わせようということで、メインカラーをイエローに統一した配色となりました。

Twitterでも言ったんですが、「あれ? これってシアン系カラーが加われば全部でCMYKじゃないの?」ということについさっき気づきましたw
まったくもって狙ってなかったので、自分でも驚きです……。

もちろんイラストだけではなく、それに即した内容もあってのものだったんですが、やりたかったネタは以下の項目で察してください(丸投げ


・「通りすがりの次期女王よ。覚えておくといいですわ」by長女・クラウ

・「戦うことが罪なら……あたしが背負ってあげる!」by次女・スティ

・「ワタシは天の道を往き、総てを司る王女……」by三女・ソスファ

・気品溢れる長女。天真爛漫な次女。ミステリアスな三女。甲乙丙。

・舞台は中世ヨーロッパ風。代々女性が王位を継ぐ国家。そこに生まれた三人の運命の姉妹。

・キーアイテムは王家に代々伝わる秘宝「ハンズサークル」。王家の先祖が古代に神々から授かったとされる、世界に混沌と秩序をもたらすといわれる伝説の宝。手のひらに収まる円状の金属製物質。

・次期女王として堂々たる立ち振る舞いを民に見せる、統率者の長女。普段から民と友だちのように接する、王女としての自覚がない次女。その二人の前に現れた、幼い頃に生き別れたという謎の三女。運命の交錯。

・秘宝「ハンズサークル」を手にした三人の王女は、その秘宝を巡る巨悪の陰謀に巻き込まれていく……。

・クラウ「覇道を歩む私の前に立ちふさがるのなら、相応の覚悟をなさい」 スティ「たとえ、姉さんが相手だとしても……あたしは自分の意志を曲げないッ!!」 ソスファ「愚かな……それでもワタシの姉だというのですか、貴女たち……?」

・謎の影A「へェ。あの三人が「原初ハンズサークル」の継承者? 見所はありそうだねェ、そこそこ」 謎の影B「そうかしら。まあ、どちらにしても私たちの敵ではなさそうだけれど」(それぞれの手のハンズサークルが光る)

・そして、世界に存在する全ての「ハンズサークル」が揃ったとき、なにかが起こる―――!!

・……最後の戦いが終わり、平和を取り戻した世界。その後、「ハンズサークル」はそれぞれが誰かの手へと渡り、再び世界中へと散らばっていった。

 後の時代に、それを模したスキルトイ―――「ヨーヨー」が世界中で遊ばれる玩具として広まるのは、また別のお話……。

                              ~ Fin ~



……的なw 何時間かででっち上げたにしてはそこそこ話っぽくなったかな、とは思うんですが、どうでしょうか。

「どっかでみたよそんな話」「途中で仮面をかぶったヒーローとかに変身しそう」「最近のジオウ面白いよね」「これからの令和ライダーにも期待」といった的確なツッコミはスルー致します。はい(←

まあそんな感じのをやりたかったんですが、いろいろあってお流れになりましたという報告でした。……ぐぬぬ、来年こそ、は……。


あと、ついでに去年の暑中見舞いで描いたKROWN三姉妹(水着ver)も一応参考までに置いておきます。
後で見直して、色調がなんかおかしかったので、そこだけ手を加えた改訂版です。よろしければー。




あ、それとエイプリルフールの日にスタジオギアのサイトにも多少お越しいただいていたようなんですが、
いくらなんでも今になってスタジオギアのほうで四月バカはなあ……とは思ってたので、もし期待してくださってた方がいらっしゃいましたら、ご期待に添えられず申し訳ありませんでした……。

本当はネタを練っているときに、スタジオギアでもなにかできるのか……?とはちょっと考えてはみたんですが、
もはやほとんど需要が見込めなさそうな現状を考えて、今回からはこちらのブログのほうでエイプリルフールを行う運びとなりました。

来年もおそらくはこちらでなにかしらネタを披露することになりそうなので、もしご興味がありましたら、ご期待いただければと思います。よろしくお願い致しますm( _ _ )m


それと、ついでにご連絡なんですが、以前まで当ブログに表示していたヨーヨークリップのYoutubeウィジェット群なんですが、
ブログの表示時間に悪影響を与えていることが判明したので、しばらくの間は非表示にしておくという措置を執ります。

50個近くもあればそりゃ表示に時間かかりますよね……これまで訪問してくださった方々に申し訳ないです……。

ヨーヨークリップの動画リンクはまたなんらかの形で復活させますので、その際はまた観ていただければ幸いです。
よろしくお願い致しますー。


あとは……あ、この前の記事で製作して公開しましたよーと書いた仮面ライダーのMADの件なんですが……
なんか、Youtubeでこちらの予想を遥かに超える反響をいただいておりまして、もはや「ありがとうございます」しか繰り返せない状態になっております……(恐縮)

いや、正直言ってここまで受け入れてもらえるとはほんとに思ってなかったです……。ヨーヨークリップだけ作ってた頃ではまずお目にかかれないであろう視聴回数とか高評価とか……むしろ、ちょっと怖いレベルです……。

……まあ、でもそれだけ苦労した甲斐があったのかな、とも思うので、ありがたいことこの上ないです。
観てくださった方、感想やコメントをくださった方、評価を入れてくださった方、全てに感謝です。本当にありがとうございます。


えっと、二作目のMADは……………………いつ…………です、かね………………?(遠い目


締めの話題としては、エイプリルフールは逃したものの、せめて桜くらいは見ておこう、ということで、
選挙の投票がてらに地元の桜スポットで何枚か写メってきました。







しだれ桜がすごい綺麗ですね。なんか雅です。うむ。

聞いたところでは一言で桜と言っても、実際には100種類くらいあるそうで、それぞれが満開になる時季にズレがあるんだとか……。
18へぇくらい押したい初耳な事実でした。

えっと、日本の国花はソメイヨシノでいいんでしたっけ……? なんか曖昧な記憶なんですが……。

最近寒いので、今年は桜が長い、ということらしいので、もう少しはお花見を楽しめそうですね。
この時季だけの風流を満喫するとしましょう٩( 'ω' )و 


では今回はこのへんで。

いよいよ新学期および新生活シーズンですね。

新しい環境に臨む方は、慣れるのはいろいろ大変かもしれませんが、じっくり腰を落ち着けてやっていきましょう。

果たしてどんな出会いが、待っているのか……?(どこからともなく流れるナレーション


そいではまたー。(っ´ω`)っ

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作ってたモノ。

おぉ……もう年度末月間ではないか……。こんにちは。もういくつねると新年度、夜真ゆうじです。


さて。前回のブログの末尾でチラッと告知した、例の新しい創作物の件、覚えてらっしゃいますでしょうか?

今年に入ってから密かに準備してきたその作品なんですが、つい先日に某所にて公開を始めましたので、
こちらでももったいぶらずにご紹介します。


それでは、この二ヶ月間の我が血と汗と涙とその他もろもろの結晶を、どうぞご清覧あれ……ッ!!





そう、なにかといいますと、Youtubeやニコニコ動画などでよく観ることのできる、ファンメイドの二次創作編集動画、すなわち日本で「MAD」と呼ばれる動画作品を、僕の敬愛する仮面ライダーでやってみたよ!という作品でした。

ご存じの方も多いかもしれませんが、現在ニチアサで絶賛放送中の特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』が、記念すべき平成仮面ライダー第20作目という節目のタイミングというのもありまして、
じゃあせっかく動画編集スキルも培ったことだし、いっちょ自分も作ってみっかー!と今年の正月に思い立って、二ヶ月の時間をチマチマ使い、なんとか完成にこぎ着けた次第です。


……まあ、もちろん初めてなので勝手などわかるはずもなく、超ーーーー四苦八苦しながらの制作になったことは言うまでもないんですが……(死

とりあえず、まずは素材がないと、ということでつべを初めとする各動画サイトを巡りまくって素材を調達し、
楽曲はやはり本家テーマソングで!と初めから決めていたので、©avex trax様からリリースされているジオウのOP「Over “Quartzer ”」をお借りして、映像素材をつなぎ合わせ、納得いくまでエンコを繰り返し……とやっていて、完成に至りました。

えー、まあ苦労話は書ききれないレベルで存在するので、全部は語りませんが……ま、「もう二度とMAD作りなんかせんぞ(真顔)」とのたくりながら作ってたくらいには大変でした_(┐「ε:)_
いやほんと、初回だからっていろいろ張り切りすぎたのが問題であった……。


しかしまあ、苦労の甲斐あって、自分にとって満足のいくMAD作品第一号にはなってくれたかなと思います。
今後こういう創作をしていく機会があるかはまったくもって未定な現状ですが、もしよさげなネタが見つかったら……うーん、でもなぁ……まあ、気が向いたらやってみたいと思います……w


見所としては、「音合わせ」という要素にしつこいくらいこだわった、という部分でしょうか。

映像作品って、たとえばヨーヨーのフリースタイル演技やダンス、フィギュアスケート、バレエ、その他スポーツの自由演技などでも言えることですが、
「音とアクションがシンクロしている」というパートってとても魅力的で素敵なシーンになるんです。

自分もそういうのを観ると「うおおおおー!?」みたいに盛り上がってくるんで、こういうMAD創作をする前の時点で、
「音合わせにはこだわろう」と誓っていました。

で、結果できたものを見ると、ほんとにしつこいくらい音合わせのパートあるなぁとw それが観てくださる方にどれだけ伝わるかはわからないんですが、そのあたりを注目して観ていただけたら嬉しいです。

映像の流れとしてはストーリー的なものもあるにはあるんですが、まあとにかく起承転結だけはしっかり押さえておこうかなというくらいでしょうか。
いわゆるシンデレラ曲線みたいなものもある程度は盛り込んであります(伝わる人にはきっと伝わる)


実を言えば、今回作ったのは当初予定していた平成仮面ライダーMADの一部分になる予定で、
本当は初代のクウガから前作のビルドまで、それぞれ19シリーズの仮面ライダーたちのパートも作った上で、その大トリを飾るのが今回のジオウのパート、という塩梅になる予定でした。

しかし、「いやそんなん無理やって20シリーズも包括するなんて……音楽データだけでも合計17分超えやぞ……?」という感じで途中で我に返り、
とにかく先に一番重要であるジオウのパートだけ作ろう、となっていって、最終的に「やっぱジオウのパートだけで作ろう(真顔)」
となった感じです。THE・行き当たりばったり。

そのジオウのパートだけでも二ヶ月かかってヒーコラ言ってたのを見るあたり、ほんと20シリーズ包括とかやんなくてよかったわ……となりましたw
でもそちらももし実現していたら、きっと面白い感じなっていたんじゃないかな、という構想だったんで……まあ、いずれ………………………………絶対やりません(超真顔) アブソリュート・ノン! 余は、余は拒否るぞ!(錯乱)


とまあ、やたらめったら苦労した初MAD創作だったんですが、チャンネルもできたてホヤホヤで、もちろん知名度もなにもない状態でのスタートなので、
もしご興味がありましたらぜひ観てやってくださいませ。


動画の説明欄にも書きましたが、平成ライダー第20作記念にして、かつ平成最終作となったライダーシリーズの年で、
こうして自分なりの平成ライダー総決算となるMADを創れたことは、ファンとしてとても誇らしいです。

思い返してみれば、10年前の第一期総決算であるディケイドの頃にライダーMADにドハマリしてからというもの、
「いずれは自分でも作ってみたいなあ……」となんとなく考えていたんですが、無論その時点では動画編集スキルなど皆無でしたし、
あくまで思っているだけで終わってた夢でした。

それから10年の歳月が流れて、平成ライダーもいよいよ20作目に突入し、世間が改めてライダーフィーバーを巻き起こしている現状で、
「……今の自分には、最低限の動画編集スキルがある。それに、この機を逃したら、またいつライダーMADを作ろうという気になるかはわからない……。よし、ならば……!」
と一念発起し、創作に取りかかることになりました。

いちファンとして、今回のお祭りライダーの賑わいにそっと花を添えられる結果になれれば、それ以上の喜びはありません。

今までありがとう、平成ライダー。
これからもよろしく、仮面ライダー。

そして、未来のまだ見ぬ仮面ライダーたちの活躍に、栄光あれ……!!


ちなみに、動画ラストのクレジット画面には、ちょっとした捻りを入れてみました。
まあ、まずこの存在に敬意を示さねばね、ということで、仮面ライダーという作品における最重要人物のことについて記してあります。

勘の良いライダーファンの方は、この説明でもしかしたらなにかしらピンとくるかもしれません。
それが正解だったかどうかは、ぜひ動画をご覧になって、確かめてみてください……w



いやー、なんかほんとにカッコイイですよね、仮面ライダー。自分が幼少期にBlackの洗礼を受けてからというもの、
この年になっても一年ごとにライダーたちの紡ぐドラマに夢中になっています。

今や名実ともに日本を代表するヒーローとして認知されている、多くの世代を超えた一大特撮シリーズ、『仮面ライダー』。

特撮には興味が無いという方も、その扉を開けてみれば、見たこともない絶景が広がっているかもしれませんよ……?


〝―――世界よ、これが日本のヒーローだ!!〟


では今回はこのへんで。

とりあえず今回作ったMADをアップするために、チャンネルを新たに作ったわけなんですが……そもそもこのチャンネル、今後使う宛てがあるのかどうかもわかりません……うーむ。

まあ、一応「MAD創作専用アカ」みたいな体なので、今後なにかしらMAD作品を作るとするなら更新できるかもですが……完全に未定です。

チャンネル登録したいという方もおそらくはいないでしょうし、まあ、ともかく頑張った作品なので少しでも多くの方に観ていただけたらなあ、というのみです。はい。どうぞよろしくお願いします。


そいではまたー。٩( 'ω' )و 

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 09:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT