悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人ゲーム創作サークル「スタジオギア」の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今後の『八化』について。

果たしていまやどれくらいついてきてくれている方がいるのか……やや不安になったりならなかったりw
おはようございます、創作命、夜真ゆうじです。


さて、今回は需要があるのかないのか微妙な話ですw それは今後の『八化』についてのお話なんですが。

これまでにもこのブログで書いてきたように、ウチの『八化』もあと残すところ二話でめでたく完結と相成ります。

まあストーリー的には自分でも詰め込めるだけ詰め込んだし、このお話でやりたいことは(今の時点では完結していませんが)あらかたやりつくしたので満足しています。

足かけ五年ほど続けてきたこのシリーズ、今年いっぱいで決着するとのことで、自分もラストスパートをかけていきたいところです。

ただ、ひとつ問題がありまして、このままだとストーリーの内容的に補完しきれないシークエンスが生じてしまっていて、
そこまでなんとかカバーして、それでようやく八化を完結させたいというのが自分的にあったりします。

でも、その部分の話を書くとなると完結したあとでの執筆になってしまうし、時系列的には問題なくとも、
ビジュアルノベルとして描ききるにはいろいろとクリアしなければいけないハードルが多すぎたりします。

だがそのお話は書きたい! 書かないと八化にケリをつけられない! ということを悶々と考えた結果、
「じゃあ小説として書けばいいんじゃないか」という結論にたどり着きました。


……というわけで、のっけからヨクワカラナイ話から切り出してしまいましたが、
その「本編で補完しきれないシークエンス」については、本編が終わり次第、小説という形でご提供することにいたします。

掲載先は毎度お世話になっているSNS「小説家になろう」様になるかと思います。

現時点で頭にあるストーリーは四つほど。それらを書き切って、ようやく八化が完結となります。

掲載のタイミングはいつ頃になるか現時点では未定ですが、気長に待っていていただければ幸いです。


……え? それがなんのストーリーのことなのかさっぱりわからない?

なるほど、それはごもっとも。まあ、もったいぶる必要も一切ないので明かしてしまいますが、
要は―――「イヒコたち〝奇生体〟の過去のお話」です。

イヒコは佑一郎と間暦山の祠で出会うまで、どんな経緯をたどってきたのか?

ラファエロが円の従者(うわべだけw)となって殺人を荷担するまで、どこにいてなにを行ってきたのか?

アスペルガーことカムイは、夜子という大切な存在を護ろうと思うに至るまで、なにを経てきたのか?

エアが実体を持たない理由はなんなのか? そして、彼女がレリックという容れ物と出会うまで、誰となにを為してきたのか?


このあたりのお話は、今の時点で、どうやっても本編にはねじ込めそうにないんですね……うむ、ここは自分の裁量ミスです。
なので、上記の四つのストーリーは、小説という形でのちほど描いていきたいなーと思います。

〝奇生体〟関連の過去話で、唯一本編内で補完できるのは、「〝奇生体〟そのものの過去話」です。

これがつまるところ『八月の化け物たち』における全ての発端なので、一番の話のキモとなる部分なんですが。


次回に製作する第十一話で、佑一郎たち「人間勢」とイヒコたち「バケモノ勢」との決着がつきます。

そして、最終話となる第十二話で、話の根源である「〝奇生体〟という存在の正体」が明らかになります。

なぜ〝奇生体〟という生命体が生まれたのか? その裏には、ひとつの大きなドラマがあったのです……という感じで。

残すところ一年のスパンを切った『八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -』。
ぜひ最後まで、人間とバケモノたちの熱きドラマを見届けていただけたら光栄です……!


……完っ全に宣伝でしたね今回はw まあ、そういうときもありますエエ。
自分でも忘れかけてたけど、一応このブログ、創作日誌という側面もありますのでw(いま思い出したかのように言う


では今回はこのへんで。

八化が終わったら今度はなにを作ろっかなー、と最近ぼんやり考えていたりします。

ビジュアルノベルは……いろいろ懲りたので、おそらく今後はやらないとは思います、が……w

ま、そのときになってみないことには解りませんNE! 行き当たりばったり人生!(イイノカソレデ


そいではまたー。(゚ω゚)ノシ
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/233-d3638a82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT