悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人ゲーム創作サークル「スタジオギア」の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神経痛。

「痛みは我慢するものじゃなく、訴えるものなんだから」 by 黒桐幹也 ~空の境界・痛覚残留より~
こんにちは、名言はだいたい型月作品にありけり、夜真ゆうじです。


というわけで、のっけからなんの話かと申しますと、「痛み」の話です。ぶっちゃけますと「坐骨神経痛」を患いましたorz

これ、いわゆる職業病とも言えると思うんですが、デスクワーカーの宿命でもあるかもしれません……。

端的に言うと、坐骨、すなわち骨盤の一番底辺に位置する部分が神経を圧迫し起こる症状です。

この部分、イスに座ると必然的に圧迫されてしまう箇所なので、普段から座りっぱなしの人間にとっては
負担をかけ続けている部分なんですね。

で、この部分が神経を圧迫してしまうと、足の至る箇所に痛みやしびれ感を引き起こします。

自分的には左太ももの表面あたりがずっとヒリヒリしてる感じで、どーにも困ったなーと悩んでいたり。

しかし病院に行く手間もお金も惜しい……ということで、なんとかして自力で改善できないかなと考えていたり。


とりあえず、まずは坐骨に負担をかけないようにすればいいとのことなので、いくつか
療養法をネットで調べて対策を講じることに。

まずは「イスのクッション部分の改善」。
現在メインで使っているオフィスチェアなんですが、かれこれ八年近く使ってきたせいか、クッション部分がぺちゃんこなんです;

これがひとつ原因を作っているようなので、ここを変えてみることに。
かといってオフィスチェアはクッション部分を交換できる仕様ではないので、上に別のクッションを置くことにします。

このクッションもどんなモノでもいいわけじゃないらしく、いくつか条件をクリアしていないと行けません。

調べたところでは、ドーナツ型のもので、柔らかすぎず堅すぎずのバランスがとれているモノがベストなんだそうです。

以前に購入して放置状態だったドーナツクッションを現在敷いて使ってるんですが、
今まで感じていた「長く座っていると感じる痛み」はかなり緩和されました。やったネ!


あとは直接的な治療法ではないですが、普段から座っているときの姿勢を矯正すること。
これは地味に大事らしいです。むしろこれさえ改善されれば治るんちゃう?くらいのレベル。

自分の座り方を思い返してみると……あ、たしかに……と心当たりがかなり思い浮かんだので、
まずこれから治さないとなーと……w


前のめりとか、イスの奥まできちんと座っていないとか、背もたれに寄りかかりっきりなのはNGのようです。
やー、イスの座り方ってあんまり意識しない部分だから矯正も一苦労ですわなー……。

となると、机の高さ設定とかも重要になるかもしれませんね。イスと机は阿吽の存在。2人で1人の某仮面ライダー的な(何


ほかには軽度のストレッチや運動などでしょうか。か、体動かすの苦手なんで(震え声)

ともかく、絶えずかけている負担さえ軽減できるようにしてしまえば、この手の神経痛は治るみたいです。

坐骨神経痛、ひどくなるとまともに寝ることや日常生活にも支障を来すくらいの痛みになるそうです……いやぁああぁ(悲鳴

は、はやく治さねば……! ともかくAmazonでよさげなクッションを買うことから始めたいと思います。


あと腰痛もなかなか治らなくってですね……。いや、まあこちらは一生もんだから仕方ないのか、な(遠い目

我ながらいやですねぇ不健康なボディでw うん、まあでも昔っからだからしょうがないというか。

ともあれ、可及的速やかに治していきます。もしのっぴきならなくなったらGO TO 病院ということでw


では今回はこのへんで。

腰痛の場合は寒さでも引き起こされることがあるので、今の季節は要注意ですね。

湿布とかも使ってはいますが、所詮はその場しのぎなので、根本的治療でもって完治させたいところです。

地球のみんな……オラに健康をわけてくれ!(両手を挙げながら


そいではまたー。 ̄\(゚Д゚)/ ̄
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/230-9b8bb761

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT