悠月の庭園 - 夜真ゆうじブログ -

同人ゲーム創作サークル「スタジオギア」の夜真ゆうじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

停滞モード。

もしくは低空飛行モード。うーむ、ちょっとばかし座礁気味ですかね。
おはようございます、モチベをください、夜真ゆうじです。


というわけで、前回に続きモチベーションの危機が訪れています。ううむ、やらなきゃいけないことがあるってのに、こいつぁマズイですなあ……(=ω=;)

ちなみに最近はブログ更新のネタも切れ気味で、どーにもこーにもな状態でして; ここまでモチベのピンチが訪れたのはかーなり久しぶりですね。何年ぶりじゃろ?


「やる気」というものを脳科学的に分析すると、脳の中核部分付近にある淡蒼球(たんそうきゅう)という部位が非常に重要な意味を秘めていて、これは「のうだま」とも呼ばれると言います。

淡蒼球は実際にホントに蒼いらしく、大脳辺縁系の回路で大切なポジションにある、言わば「やる気スイッチ」なのです。

人間がシャカリキにやる気を出してなにかに打ち込んでいるときは、この淡蒼球がフル回転しているそうです。で、やる気がないときはまったく動いていないのだとか。


じゃあ意図的に淡蒼球を活性化させればいいんじゃん?という結論にいきたいところですが、人間はやる気を出せと言われて出せるような生き物ではないんですね。

しかし、特定のアクションをすることで、実は淡蒼球を意識的にスイッチすることができるのだと聞きました。

いくつかあるらしいんですが、ひとつは「適度な運動」。体を動かすことで脳が刺激される、というのは通説ですが、やはり実際に正解なんだそうです。

次に、「普段と違うことを試みてみる」。つまり生活の中に些細なものでいいので変化を付けてみる、ということですね。人間の脳はマンネリを非常に嫌うので、新しいことをちょっと試してみるだけでも、脳にはいい栄養になるんだとか。

あとは、「ポジティブな環境を作る」、というものですね。例えば普段から愚痴は謹んで、建設的な言葉を自分に言い聞かせたり、いろいろなことへと興味を持ったり……などなど。

ほかには「人のいいところを褒める」というのも良いんだそうです。人の脳は「他者への貢献」に強い快楽を覚えるので、他人を褒め称えるというのは、実はとても脳にいい影響を与えるということのようですよ。


まとめると、運動、変化、ポジティブといったものをマンネリ気味な生活に取り入れる、ということでしょうか。なるほど、たしかにいずれも価値はあるな、と思いました。


まあ、決して怠惰な生活を送っているわけでもないのですが、やっぱりマンネリはいけないよね、と自分を戒めたいところです……(´ω`)


では今回の過去イラスト貼り。



オリジナルの月姫イラストですね。今回のは模写ではなく、自分なりにメインヒロインたちを描いてみたようです。

これ、空の境界のバージョンとFateのバージョンのもあるんですが、そちらはまたのちほど。……というかFateのはちょっと直しづらいので見送りになるかも……;


では今回はこのへんで。

今年もあと残すところ一ヶ月半を切りましたね。早い、早すぎる……(戦慄

あと一ヶ月半程度でなにができるかは解りませんが、とりあえず済ますべきことは済まして、ゆっくり年越しの準備でもできたらなあと思います。


……あー、そういえば来月は誕生日もあるんでした。いろいろあって忘れておったよ……w


そいではまたー。(=ω= 三 =ω=)
スポンサーサイト

ブログランキングを始めてみました。よろしければクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 イラストブログへ

| 日記 | 04:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yamayuuji16.blog.fc2.com/tb.php/210-d228b159

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT